麦のおもらし

ドイツで細々と生きるズボラ主婦がもらす、インテリアや収納やなんやかんや

ざンくとニコらうスが、やっテ来ル……12月6日はザンクトニコラウスの日

ザンクトニコラウス……

なんだか迫力のある響きだと感じるのは、麦だけでしょうか。

ちょっぴり怖いような…

 

ザンクト。

ドイツ語で「聖」のことですが、いかにも厳かな…濁音だからでしょうか。

 

〈12月6日は、ザンクトニコラウスの日〉

ザンクトニコラウス = サンタクロースの日なわけです。

ザンクトニコラウス=サンタのおじさん…うぅむ。

 

ザンクトニコラウスの日には色々いわれがあるようですが、現在のドイツにおいては、子どもたちが靴をキレイにしておいたら、朝起きたらチョコレートかなんかが靴の中に入ってる、そんな日のようです。

 

数日前の、息子と友達のチャット。

ドイツ語が書けないので、相変わらず音声入力です。

 

息子:ザンクトニコラウス、オレにチョコレートを持って来て!!

友達:おぅ、いいぞ、ホゥホゥホゥ

 

アホです。どいつもこいつもアホです。

 

 

やはり色んな説があるようですが、

ザンクトニコラウスは、良い子には小さなプレゼントを靴に入れておいてくれます。

 

悪い子は、ザンクトニコラウスのお付きの方に鞭で打たれるか、あの大きな袋に入れて連れ去られるらしい。

 

やっぱりちょっと怖い、ザンクトニコラウス。

悪い子の所には、黒いサンタが来る、なんて話もあるようです。

怖い。

 

息子は袋に入れられる自覚が十分にあるので、ザンクトニコラウスの日は、あまり楽しみな日ではありません。

 

f:id:Mugichama:20181206151646j:image

今朝、息子の靴には、黒いサンタが入っていました。

 

 

〈トラウマティック!サンタクロースがやってくる〉

サンタクロースといえば、麦が思い出すのは

f:id:Mugichama:20181206151730j:image

これ。

楳図かずおの漫画「サンタクロースがやってくる」

初めて読んだのは、麦が子供だった頃です。

麦母の蔵書を漁って読みました。

 

こんなお話です。

☆ご注意!大いにネタばれあり☆

 

両親を亡くした男の子(一坊かずぼう)が、優しいおじいさんに育てられます。

おじいさんはやがて病気になります。

おじいさんは病床で作った鳩笛を、「困ったことがあればこれを吹きなさい」と一坊に渡して亡くなります。

 

時は過ぎ、大人になった一坊は、シンパパとして一人息子を育てています。

自分にそっくりな、かわいいかわいい息子。

 

ある年のクリスマスの前から、息子の部屋を誰かが訪ねて来ている気配がして…

知らない、古いオモチャも増えています。

 

何かを隠している様子の息子を不審に思い、問いただします。

息子は、押入れの中で偶然見つけたあの鳩笛を吹いていたのです。

その度に、おじいさんが現れて、息子にプレゼントを渡していたというのです!

 

おじいさんは、一坊にそっくりな息子のことを、一坊だと思っているのです。

 

不吉な予感を感じて、眠る息子を見守っている時でした。

 

どこからともなく、一坊〜〜〜と言いながらおじいさんが現れます。

一坊〜またいじめられたのだな〜〜かわいそうに〜〜〜

 

そして、こうなります。

f:id:Mugichama:20181206163920j:image

おわり。

 

 

ひぃぃーーー。

一度読んだだけで、すっかりトラウマになりました。

一坊、はその年の麦の流行語になりました。

 

そして今、ザンクトニコラウスの袋に入れる話と、このシーンが繋がって、ますますザンクトニコラウスの迫力が増すのです。

ひぃぃー

 

 

このお話が載っている本の表紙の

f:id:Mugichama:20181206165157j:image

この包帯の人がこれまた当時の麦には非常に恐ろしく、見なくて済むように表紙を裏返していました☆