麦のおもらし

ドイツで細々と生きるズボラ主婦がもらす、インテリアや収納やなんやかんや

〈ドイツのスーパーの種類〉ディスカウンターで買った肉を食らう

〈ドイツのスーパーの種類〉

日本の素晴らしきもの、コンビニ。

コンビニ、ホントすごい。

多機能

 

ドイツに、日本のようなコンビニはありません。

大手スーパーがやっている、◯◯エクスプレス的なもの(営業時間が長い・コンパクトな店舗・すぐ食べられるものが売っている・主に街中にある)や、

そこら中にあるキオスク(売店。日曜もやってるお店が多い)が、コンビニに近いでしょうか。

 

そのかわり、スーパーはたくさんあります。

麦家が街中に住んでいるせいか、そんなに要らんのじゃないかな、と思うほどあります。

 

ディスカウンターと呼ばれる、PB商品を中心とした品揃えの、やたらめったら安いスーパー。

店名は、ALDI、PENNY、Nettoなど。

 

例えばALDIなら、500㎖のミネラルウォーター6本で69セントです。

1本あたり12セント弱。

ペットボトル1本のデポジットが25セント。

本体よりデポジットの方が高い

 

普通のスーパー

一般的なメーカーのものも取り扱いつつ、PB商品もある。値段も普通。

REWE、EDEKAなど。

 

日用品も食料品もいっぺんに揃う、

郊外の大型スーパー

real、Kauflandなど。

デュッセルドルフのrealの、土曜のお昼間は、イオンのよう。

日本人がいっぱいです。

 

 

ドイツのスーパーでは、謎めいた景色がよく見られます。

f:id:Mugichama:20181216194419j:image

なぜそこにペットボトルを置いた?

 

みんな、カゴに入れたもののやっぱりイラナイ、と思ったものをその辺にテキトーに放置するためです。

 

床にヨーグルトがブチまけられていたり、瓶が割れて液体がブチまけられていたり、タマゴが無残にブチまけられているのは、茶飯事です。

 

店員さんが、急ぐでもなく片付けています。

足元注意。

 

 

〈ディスカウンターで買った肉を食らう〉

豚肉はとても安いドイツ。

しかし、牛肉はあまり安くないという印象を麦は持っています。

 

オマケに、牛肉マズい。

筋スジしている。赤身過ぎる

脂こいのもアラフォーにはもぅキツいですが、それにしても赤身過ぎる。

 

日本以外ではやっぱり、肉の脂なんてタダの邪魔物、健康害する憎いヤツ扱いなのでしょうか…

切ない。

 

肉の脂を楽しむことと、健康的な食事に関しては、切り離して考えていただきたい。

肉の脂は、嗜好品の一種と捉えていただきたい。

 

ドイツの人が、日本で霜降りを食べたら…

溶ける!めっちゃウマイ!!

と思うようなので、ドイツのスーパーの牛肉事情に関しては、首を傾ける麦なのでした。

 

 

というわけで、麦はいつも適度な脂具合の牛肉を探していました。

そして、見つけました。

意外にも、ディスカウンター・Nettoのお肉コーナーで発見👀!

 

f:id:Mugichama:20181216210847j:image

美味そうに見える。

 

f:id:Mugichama:20181216211422j:image

327g、€6.18…

1kgで€18.90 ということは、100gだと€1.89か…

ステーキ肉にしては、まぁ、安いでしょう。

さすがNetto

 

これを家で焼くわけです。

どうせなら美味しく食べたい…

でも、うちにはこだわりの調理器具などありません。

鉄のフライパンなんて、ない。

(コレを書いていて、ストウブ鍋で試してみようかと思い至った。)

 

ネットで、大した調理器具を持たない人向けのステーキの焼き方を検索し、熟読。

 

どうやら、筋切りをしっかりと施し、片面ずつ焼き(今回の肉の厚さ・2cm位だと1分半ずつほど)、アルミホイルに包んで6分程放っておくといいようです。

 

そしてこの肉は…

f:id:Mugichama:20181216213344j:image

こうなりました!

…なんか美味しそうに見えないなぁ🙈

 

筋切りはもっと真剣にした方が良かった感もありましたが、脂具合も程よく、とても美味しゅうございました。🌹

この肉で、麦家は十分満足です😋

 

張り切ってステーキソースも作ってみましたが、息子には

もっと焼肉のタレ感が欲しいね☆

と言われたので、エバラ焼肉のたれを足しました

美味しくなった!とほめられました。⤵︎

 

次からは、素直に焼肉のたれで食べようと思います。

 

 

〈ブンデスリーガ!〉夫と息子のフォルトゥナ観戦

本日も夫と息子はサッカー観戦へ

ドイツに来てからサッカーにハマった息子。

日本ではサッカーに全く興味を示さなかったのに、

ドイツに来たら、見るのもヤるのもだだハマりです。

 

というわけで、時々夫と息子は、地元フォルトゥナデュッセルドルフの試合を見に行きます。

 

今日も見に行きました。

多分、彼らは今帰り道でしょう。

 

結果は…

f:id:Mugichama:20181216013118j:image

おぉ!!勝ちました!!!めずらしい!!!!

 

今季、久しぶりに2部リーグから1部リーグに昇格したフォルトゥナ。

滅多に勝ちません。

現在、ブンデスリーガ1部リーグのビリです。

✳︎本日の結果で、ビリではなくなったようです(12/5)。

 

少し前に、強豪バイエルンミュンヘンと同点だった試合がありました。

勝ちではありません。同点です。

 

それでもデュッセルドルフの人たちはゴキゲンで、

息子も知らないおじさんとハイタッチしていました。

 

フォルトゥナは、地元でとても愛されています。

 

 

寒い!!

ところで、今日は寒いです。

気温は、1日中0℃あたりをウロウロ。

麦(寒さに弱い)には十分寒いです。

 

サッカー関連は麦の管轄外なので、息子を連れて行くのは夫です。

 

現在のお天気は…

f:id:Mugichama:20181216014220j:image

おぉ、風が吹いている。

体感気温−6℃!

 

さむー。

 

昨夜が飲み会で、今朝の4時に帰って来て、昼の14時まで寝ていた夫の目も覚めたことでしょう。

 

フォルトゥナとか実はどうでもよくて、麦が言いたかったのは、これなのでした🤪

 

 

〈ドイツの学校のクリスマスコンサート〉息子、ソリストになる

息子とコーラス

うちのあほの息子は、学校でコーラスをしています。

週に一度、2時間程練習があります。

 

普通に学校がある日に、コーラスの人たちだけ二泊三日の合宿に行ったりしていたので、多分結構気合の入ったものなのだと推測されます。

 

麦はドイツの学校のことがまだまだよく分からないので、推測だらけなのです。

 

息子の学業成績はファンタスティックに壊滅的ですが(これは推測ではない)、コーラスでは多少役に立つようです。

 

彼はピアノとソルフェージュ(音楽理論のおべんきょーと訓練)をやっているので、コーラスの楽譜を見た瞬間に、ピッタリの音程で歌うことができます。

オマケに、人前で歌うことに一切ためらいがない。

朗々と歌います。

 

先輩たちにも、すごく可愛がってもらっています。

息子は小さいので、髪の毛をごしゃごしゃされます。

 

ナルホド、学校という場所で、シラミの感染がなくならないわけです。

 

 

クリスマスコンサート🎄

今はクリスマスシーズン真っ盛り。

学校のコーラス隊は、クリスマスコンサートを開催します。

 

3回もやります。

高級ホテルのロビーと、学校と、教会。

似たようなプログラムで、3回もやります。

 

楽器の得意な生徒たちは、オーケストラとして参加するようです。

ハープを弾く生徒がいることに、麦は驚愕しました。

しかも、とても上手で、しかもしかも、2人いた。

もっといるのかもしれない。

 

学校の近くの教会(学校関連の式典はいつもそこで執り行われる)の大人のコーラス隊と一緒に歌ったり、子供たちだけで歌ったりします。

 

楽器だけの演奏もあります。

 

1時間半くらいかかります。

大ボリューム!

 

最後には、お客さんも一緒に歌います。

麦も口をパクパクさせ、ハリ〜ル〜ヤ〜♫と歌います。

 

 

息子、ソリストになる

1回目のクリスマスコンサートの直前、ポロリと息子が言いました。

 

オレ、ソロパートあるんだよね。

フランス語で。

 

麦は耳を疑いました。

ソロパートは、曲の一部分だけだろうから、まぁいいでしょう。

でも、フランス語🇫🇷はマズいでしょう。

家ではちょろ〜と練習していただけだし、どう考えても、マズいでしょう。

ぼんじゅ〜、ぼんそわ、めるしー、しか知らないでしょう。

 

夫と麦は、不安なままコンサートを見に行きました。

 

プログラムをもらって見てみると、ソリスト、の所に息子の名前がシッカリと載っています。

めずらしく、つづりも合っています(だいたい間違われる)。

 

ハラハラしながら見ていると、ソロパートを歌う曲で、計3名(息子含む)のソリスト達が前に出て来ました。

そして、マイクが設置されました。

マイク…🎤💦

 

息子は平気な顔です。

ヤツは緊張したりしないのです。

ヤバい、という感情をどこかに置き忘れて来たのです。

 

…そして、ブログのネタになるほどの事もなく、息子は可愛らしい声(歌声は可愛らしいのです)で、いたって自然にフランス語らしきものを歌ったのでした。

 

お客さんたちも、ほぉわ〜(*´꒳`*)みたいな声を出しつつ喜んでくれていました。

 

ほっ。

そこまで真剣に聴いてるのは親だけだとはわかっていつつも、ほっ。

f:id:Mugichama:20181214210820j:image

 

バラを一輪もらえました🌹

 

クリスマスコンサートも、残りあと1回。

麦もあと1回、パクパク、ハリールーヤーして来ます。

 

新婚さんのブリトーづくり☆

夫と麦が、新婚の頃

 

雑誌の(イーエスエスイー)ESSEだったと思うのですが、カンタンに作れるブリトーの皮のレシピが載っていました。

f:id:Mugichama:20181212182637j:image

短時間で、失敗ナシ!誰にでも出来そうな感じで紹介されていました。

 

!!

麦はそのレシピを穴が空くほど見つめました。

出番や、と思いました。

夫はブリトーがとても好きなのです。

 

そこで、早速作ってみることにしました。

きっと夫は驚いて、よろこぶゾ☆

と新婚の麦はワクワクしながら、レシピ通りに作業開始。

 

分量もキッチリ計りました。

頭の中にすっかり入るほど、レシピも読み込みました。

書いてある通りにしました。

そこらへんは真面目なのです。

融通がきかないというべきかもしれません。

 

夜もヒッパレの時の つのだ☆ひろ みたいに、アレンジを効かせたり、独自の解釈を付け加えたりは一切しませんでした。

しなかったはずです。

 

レシピを読み込んで挑んだはずなのに、妙に時間がかかりました。

 

まぁ、でも、とにかく、出来上がりました!!

ちょっと固そうだけど、ブリトーの皮らしき物が確かに出来ました。

 

用意しておいた具材を巻き巻きして食卓に出し、夫に声をかけました。

 

じゃーん!ブリトーですっ☆

 

夫は、おおっ!スゴい!!ブリトーやん!!!

と喜んでくれました。

素晴らしき新婚のひとコマ。

夫は早速手に取って、かぶりつきました。

 

⁉️

 

夫の顔が、醜く歪みました。

アレ…!?

そして、夫はキッパリと言いました。

 

コレはやな。

歯ぁ折れるわ。

 

 

えっ…

麦も恐る恐る食べてみると…

でした。

壁を食べたことはないけれど、間違いなく壁でした。

出来上がり直後より、水分が飛んだようです。

カッチカチのボッソボソ。

もちろん、悪いのはレシピではなく、麦の作業の中の何かでしょう。

 

 

夫は、麦の出したご飯がたとえどんなに手抜きでも、おいしいうれしい♫と食べてくれる殊勝な人なのです。

1週間毎日カレーでも、毎回おいしいと言ってくれるような人なのです。

試したことないけど。

 

でもこの時ばかりは、

ブリトーなんか外で食べたらいいし、皮なんて買って来たらよかったやん。

とごもっともなことを言いました。

 

その通りです。

コレ以来、麦はブリトー作りから一切手を引きました(つまり、最初で最後のブリトー作り)。

 

 

コレから10年は経ったと思うのですが、いまだに

麦ちゃんの得意料理はブリトー

とか、

クソまずいブリトー

とか、ブリトーを見かけるたびに言われ続けています。

 

〈ムートンブーツの出番!〉ぼてぇ、としないムートンブーツと、最強のブーツ

ムートンブーツの季節がやって来ました!

暖かい、ムートンブーツ。

もこもこの、ムートンブーツ。

毎日、ムートンブーツ。

あぁ、ムートンブーツ(*´꒳`*)

 

でも、ムートンブーツって、ちょっと、ぼてぇとしてやいませんか?

 

足の甲の部分も、必要以上に大きく見えます。

筒の部分も、太すぎたりして…

ぼてぇ、として見える。

 

暖かくて手放せないのだけれど、ぼてぇ、が嫌でした。

どことなく垢抜けないというか、スッキリしないというか…

ムートンブーツとはそんなもんだ!と言えば、そうなんだけど…うぅむ。

 

 

というわけで、麦は、ぼてぇとしないムートンブーツを探し続けております。

 

今までに、2足見つけました!👀

世の中にはこんなにムートンブーツが溢れているのに、2足。👣

 

それぞれの足に合う形があるのは重々承知しておりますので、あくまでも麦的スッキリムートンブーツです☆

 

〈UKのCeLTIC&CO. は比較的スッキリ〉

UKの、CeLTIC&CO. のブーツ

ここのブーツは、イイッ!!

絶対絶対!イイっっ!!!

 

f:id:Mugichama:20181211062534j:image

 

このブーツは、日本にいた時に買いました。

直接、UKのこのメーカーのサイトで注文しました(夫が見つけた)。

日本に発送してくれます

 

このメーカーのブーツは、キャサリン妃も履いていらしたとか、なんとか。

本当かどうか知らんけど。

 

値段的に関税はかからないだろ〜♪ とタカをくくっていたら、玄関先で配達員の方にしっかり関税を徴収されました🦑

 

だがしかし、関税を入れても!

日本で買うより、直接サイトから買った方が安かったと思います。

 

あまりその辺で売っていないレア感も、自分の中で楽しめます❤︎

自分の中で。

f:id:Mugichama:20181211062925j:image

 

このブーツの良いところは、UGGとかEMUより、暖かい(個人的感想)。

中のモコモコがしっかりしていて、へたりにくい。

UGGより圧迫感が少ない

 

そして、お値段以上

 

この形は、筒の部分にボタンがついています。

好きなだけ外して、折り返して履くことができます。

形を変えて楽しめるのは、うれしいですね♫

 

〈UGGのコンパクトなやつ〉

これは、ドイツの伊勢丹、ブロイニンガー(デパートの名前)で買いました。

 

ABREE SHORT ll  という商品の、黒です。

f:id:Mugichama:20181211062639j:image

足の甲の部分も、筒の部分も、恐ろしくコンパクト!

足と一体化。

 

筒の部分なんてコンパクト過ぎて、チャックが付いています。

f:id:Mugichama:20181211062706j:image

 

 

まだ買ったばかりなので圧迫感がありますが、中のモコモコがヘタってきたらちょうど良くなるのでは!?と思っています。

相当コンパクトな作りなのでサイズを上げて買ったのですが、麦の幅広甲高コロッケ型の足には、それでも圧迫感。

 

先ほどのイギリスのものよりもは少し暖かくないのだけれど、黒×黒の目立たないパッチが、さり気なくて好きです。

f:id:Mugichama:20181211063201j:image

 

この一足で、冬の服全てに合わせられるでしょう。

コスパ良し

 

€230程だったか…

今日のレートでだいたい¥29,670。

日本では¥38,880のようなので、どうやらUGGはドイツの方が安いらしい。

 

全部がそうなのかはわからないけど☆

 

 

〈最強!ノースフェイス〉

(麦が思う)最強のブーツ。

それは、THE NORTH FACEのダウンブーツ!

f:id:Mugichama:20181211062802j:image

これは、すごい。

 

マイナス15℃でも、靴用カイロなんて全然欲しくならない暖かさ。

軽い。

防水。

靴の裏のものすごいグリップ。

シンプルで合わせやすい。

いくらでも歩ける。

 

f:id:Mugichama:20181211062826j:image

しかし、どこからどう見てもカジュアル過ぎる…

いや、それはムートンブーツ全般に言えるのだけれど、着る服を選びます。

行く場所も選びます。

 

冬場に寒いところに旅行する時なんて、こんなに重宝するものはありません!

 

足が冷たくならない。

いくらでも歩ける。

素晴らしい!!

 

…でも、良いレストランに行く予定があったり、コンサートやオペラに行く予定があれば…

マトモな靴を一足入れておかなくてはいけませんね🤪